椿乙女~camellia maiden~

ある日突然乙女ゲームに目覚めた、夢女子の夢女子による夢女子のための感想日記

【イケメン戦国】をプレイしたが、予想外につまらなくて信長様で断念【感想】

Posted by camellia on   0  0

実に1年以上ぶりという、この過疎っぷりのなか、
超久々に更新してみました。生きてたんだっていうね。

08年から始まった私の乙女ゲーム熱も、近年、めっきり収束してきたなかで、
乙ゲーをやらなければ更新されることのないブログと化しましたが、
それでも何歳になっても胸をときめく良作に出会えないものかと
昔より熱心ではないですが、たまーーにアプリを覗いては試しに新作をつまみ食いするという感じに収まっている今日この頃です。


そんななか、自分が物申したい乙女ゲームがありましたので記事にしました。


イケメン戦国ってやつです。

数か月前からすごく広告とかうざいくらいに推してきて、企業側がめっちゃ推してる、そうこれ。
HP初めて見ましたけど、すごく気合入ってますね。

すごい絵が綺麗だし、歴史物好きだし、
私も例外に漏れず、それらに惹かれて始めたうちの1人ですが、

1人なんとかプレイし終わって、1つの結論にたどり着いた。





つ・・・つまらない(ショック)





残念・・・残念すぎるよ!!

絵が綺麗なだけに、キャラが本当にイケメンなだけに、すっごくもったいない。


歴史物好きな自分としては、
あぁまた例のタイムスリップ系かーみたいな感じで
気楽に始めたので、期待値もそんなに高くないのにも関わらず・・・


1人目の信長様をクリアした後、想像以上に面白くなかったため
2人目やるか迷ったし。
(政宗がビジュアルに好みだったのでクリアしたかったけどやはり途中で断念)


途中からボタンを押すのが作業化してきた。
もう絵の綺麗さだけでやってるような感じ。


ちなみに言うと、記事にはしてないですが、ちょこちょこ色んな乙女ゲームを試し食いしており、
同じイケメン○○のイケメンシリーズは何作かちょろっとやってみたのですが、
タイムスリップもんで言ったら、イケメン大奥のほうが私的にはまだ面白かったかなぁと思う。



まぁただ単につまらないと一言いっても、面白いと思う人もいるわけで、
個人的に、この作品が何がどう自分のやる気を削いだのか。

全部クリアしていないし、もしかしたら他のキャラは面白いかもしれないので
とりあえず信長様だけプレイした上での、ほぼ主観で申し訳ありませんが、簡単にまとめると以下の3つ。


原因① 話が面白くない(続きが読みたいと思わせてくれない)


原因② 感情移入できない


原因③ システムが重い
課金システムに関しては、このイケメンシリーズが課金狂いなのは全シリーズ通して共通なので、
言及は置いておくにしても、システム面が今までのシリーズ以上に重たいです。
かなりの確率ですぐ落ちます。これがやる気を削ぐ。
たぶん色々詰め込んでるのとプレイ人数の関係ですかね。。
さらに話が面白ければ、良いんですが、特にそういうわけでもないので・・・






良いところもあげておくと、

絵が綺麗(イケメン)なので、このキャラが攻略したい!!という意欲が生まれる。

ってとこですかね。

あと、主人公たちがタイムスリップすることによって、
すでに歴史が変わってる設定(史実では同時期に実在しない人物の同時存在など)
というのは、史実を度外視してある程度自由にストーリーが作れ、好きな歴史上のキャラを好きなだけ放りこめるという、
まぁ簡単に言うと「なんでもあり!」にすることで、
史実に詳しくなくても、その攻略キャラの個性に沿った脚本の自由度が高いところが便利だな、と思った。



しかし、最近の携帯の乙女ゲーム事情はすっかり飽和状態にあるように思います。
なので普通のコンテンツでは飽き足らず、今では携帯の乙女ゲームでも声優をつけるのが普通になってきましたよね。
(人気声優で釣るという手段も含めて)

私の枯渇した乙女ゲームの救世主となった艶が~るにすら、最近声優がついてリニューアルしてるし。

しかし、声優の後付けは、もうイメージついちゃってるからダメだね。
あれです、漫画から入ってアニメ化したときによく起こる、「これじゃない感」と同じ。
艶が~るは面白くてハマってただけに、「声付き」には全くもって魅力も興味も沸いてこない。笑

また新たな救世主が現れてくれるといいなぁ。


camellia

2008年に夢女子デビュー。あらゆる乙女ゲームを独断と偏見でかなり好き勝手に感想評価してます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://camelliamaiden.blog114.fc2.com/tb.php/289-2f46da02
該当の記事は見つかりませんでした。