椿乙女~camellia maiden~

ある日突然乙女ゲームに目覚めた、夢女子の夢女子による夢女子のための感想日記

【薄桜鬼】アニメ1話と2話見ました!【感想】

Posted by camellia on   0  0

遅ればせながら薄桜鬼アニメ版見ました。

そういや4月からって言ってたっけ。


忙しさにかまけて、すっかり忘れてました。笑


気づいたらもう2話終わってたし。


tvk 4月3日より 毎週土曜 24:30~
AT-X 4月5日より 毎週月曜 9:30~

どこのChなの?それ。笑



毎週土曜の深夜から(つまり日曜?)
なんだねー

つーことは今日3話?
これって地上波なの?一般のご家庭でみれるの?


まぁ見るアニメの大体がリアルタイムで見れない人なのでいいけど。

ってなことで、本日1話と2話まとめてみて見ました。

そっそく感想を・・・・


うん。そうね。

まぁ、こんなもんかなって感じです。(←何様w)

もともとアニメ化に期待はしてなかったので
それほどがっかりもせず
個人的には期待以上でも以下でもないかな。


そして思った。


画はともかくとして、

やっぱ声優だよね。



声を同じだとそれだけでかなりの説得感がある!


声がバシっときまってるから、画がヨネ氏じゃなくてもさほど気にならない。


やっぱアニメは声大事だな・・・



声の大事さがよーーーーーくわかるアニメ化です。笑

豪華だし。ありがたい。






そして、最初の斎藤さんと沖田さん登場時(声)に

思わず、にやり。笑







まぁ画については、前から中島敦子さんが作画担当するって聞いてたので
実はそこまで心配はしてなかった。

というのも、中島敦子さんは
見てた好きなアニメのキャラデザをよくされていて(らんま1/2とかるろ剣とか)
以前から知ってるアニメーターさんだったので
まーそこまで崩れないだろうと予測していたため

薄桜鬼の作画担当やられるって聞いて
怪訝な感じにはならなかった。


まーもちろん、ヨネ氏の絵のが良いってことに越したことないけど
イラストレーターとアニメーターは違うからね。

こればっかりはアニメ化ってきいたときしょうがないとは思ってたので。

アニメ化するにあたっては中島敦子さんで無難なとこかと。



ただ、サブキャラ(源さんや島田や山崎)はどーしても別人。笑



全体的に言えることだけど、沖田さんとか若干不安定だよね。笑



アニメって作画監督が毎回違うため、
回によっては、作画がどーしても微妙な回がでてくる。
(OPとEDの画はおそらく中島さんが描いてるけど)


昔、子供ながらにアニメ見てて「あれ、なんか今回の絵手抜いてね?」「今日の絵、なんか違くね?」
とか思うこともあったのはそのため。



作画監督によってむらがでてくる。

そこがアニメ化の嫌なとこなのよね。



まーアニメって1人で作ってるわけじゃないから、しょーがないけど。


あんまりムラがでて欲しくないなーとは思いつつ、


てか、薄桜鬼の画に関しては
ヨネ氏じゃない時点で元々がしょーがないので別にいいけどね。






なので、声の重要性はこの辺にある。笑

声がキマればイメージがそこまで損なわれない、ということを知った。笑



声違ってたら確実に見てないと思うな。笑








画に関してはこの辺までにしといて、


内容に関しては・・・



話の流れ的には忠実だね。

シナリオはおそらく土方さんベースの流れだ。



あ、2話であの斎藤さんとの腕試しありましたね。

にやり。


てか話がゲーム主体だから、展開が早くて助かるなぁ。笑



3話の予告でちー様が!!(プチ興奮w)

ってそれだけ。笑



かなり好き勝手に感想書きましたが

まぁ次ぎも見れたら感想書こうかな。




ゲームブログ 乙女ゲー

camellia

2008年に夢女子デビュー。あらゆる乙女ゲームを独断と偏見でかなり好き勝手に感想評価してます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://camelliamaiden.blog114.fc2.com/tb.php/213-ac5c2b6d
該当の記事は見つかりませんでした。